メディカルイーティング井上俊彦のガン患者用食事療法とは

メディカルイーティング・井上俊彦のガン患者用食事療法についてご紹介しています。

メディカルイーティング・井上俊彦のガン患者用食事療法は、苦しむ患者にやさしい自宅で出来る食養理論です。

ガンといえば外科的治療をはじめとして、病院・医師の存在なくしては治癒は望めないものとか、もっといえばそれでも無理な場合も多々あるというのが一般の認識でしょう。

しかし、それでは医師が予後不良と判断したら手はないということになります。
メディカルイーティング・井上俊彦のガン患者用食事療法は、そんな患者の希望となるものです。

ガンが転移して手術も無理になって、最後は余命の告知まで行った末期がん患者。
もう誰もがその時を待つばかりという段階になって、諦めず井上俊彦のガン患者用食事療法にたどり着いた幸運。

勿論、治療ですから好きなものを好きなだけ食べるということはできません。
残されたわずかな命と思い定めて好きに生きるならそれも良いかも知れませんが、まだ死ねない、生きるために出来ることをやる。

メディカルイーティングを初めて2ヶ月もすれば体に変化の兆しがあらわれ、見えてきたのは生きられるという希望です。
それから10年以上再発もなく普通の暮らしが出来ているというのは、メディカルイーティングの凄さとしか言いようがありません。